white minds 登場人物紹介

 

第十五隊フライング

ラフト  楽天的なフライングのリーダー。ゲイニと張り合うことが多い。銀髪で童顔。
ゲイニ  ラフトと常に張り合い、煽り合っている。やや強面。
ミンヤ  呑気で穏やかなフライングの和ませ役。
カエリ  フライングの実質リーダー。最年少の子守役。気苦労が絶えない。
ヒメワ  おっとりマイペースな女性。とにかくクジ運がいい。

第十六隊ストロング

滝(たき)  元ヤマトの若長。シンや青葉とは幼馴染みで二人にだけは辛辣。
ホシワ  滝を陰から支えている。ストロング最年長。長身。
ダン  ストロングのムードメーカー。人をからかうのが好き。ミツバとよく一緒にいる。
ミツバ  ダンと仲がよい。背の低さと子ども扱いが悩みの種。
レンカ  滝の恋人。失われたリシヤの生き残りで謎も多い。

第十七隊スピリット

シン  穏和志向のリーダー。だが青葉とは張り合うことが多い。リンとよく一緒にいる。
北斗(ほくと)  落ち着いているように見える常識派。臨機応変が苦手。仲間をフォローをすることも多い。
サツバ  文句の多い、年頃らしい青年。髪を染めている。知り合いを作るのは得意。
ローライン  宮殿育ちの変わり者。「美しい」「美しくない」が口癖。薔薇好き。
リン  明るいしっかり者。ウィンでは『旋風』と呼ばれており、人を巻き込むのが得意。

第十八隊シークレット

青葉(あおば)  活発でやや短気なリーダー。実は面倒見はよい。梅花のことを気に掛けている。
サイゾウ  主にようのサポートをしている。宮殿や梅花のことを苦手としている。
アサキ  不思議な喋り方をする、穏やかな常識人。よく周囲に気を遣っている。
よう  「お腹がすいた」が口癖の、朗らかで呑気な青年。シークレットの和ませ役。
梅花(うめか)  醒めた目を持つ『ジナルの神童』。神技隊について詳しい。

第十九隊ピークス

よつき  穏やかだがさりげなく毒を吐く、ピークスのリーダー。
コブシ  気が優しく優柔不断。よつきを尊敬し頼りにしている。
たく やや楽天的でマイペース。すぐによつきを頼りにする。
ジュリ  一見穏やかだが、『旋風』ことリンの補佐を自称する強気な面もある。治癒が得意。
コスミ  人に頼るのが得意な、ピークスのマスコット的存在。

 

その他の主要な登場人物

アース  青葉と瓜二つの青年。レーナのことをよく気に掛けている。
カイキ  アサキと瓜二つの青年。間が悪く頻繁にアースを怒らせる。
ネオン  サイゾウと瓜二つの青年。よくイレイの面倒を見ている。
イレイ  ようと瓜二つの青年。無邪気に時折痛い所を指摘する。
レーナ  梅花と瓜二つの少女。謎を振りまき周りを翻弄する。

リュー  多世界戦局専門長官。梅花のことを昔から知っている。真面目。

ラウジング  上の者の一人。真面目で融通が利かない苦労人。カルマラの扱いに困っている。
カルマラ  上の者の一人。快活で、周りを振り回すことが得意。
ミケルダ  陽気に振る舞う上の者の一人。女の子が大好き。小さい頃から梅花のことを知っている。
アルティード  上の者の一人。ラウジングたちの上司にあたる。
ケイル  上の者の一人。神技隊のことを快く思っていない。
シリウス  上の者の一人だが、普段は宇宙にいる。誰もが一目置く実力者。

魔獣弾(まじゅうだん)  半魔族の一人。
魔神弾(まじんだん)  半魔族の一人。正常な判断ができない様子だが……。
ミスカーテ  怪しい瓶を宇宙でばらまいていた魔族の科学者。
アスファルト  レーナたちの生みの親。魔族の中の異端者。